フォーラムに参加し、石巻市の防災への取り組みについて勉強してきました。

内容は、以下の通りでした。
・会場となった中学校の避難所開設訓練の見学
・基調講演
・小中学生による復興防災マップの取組発表
・パネルディスカッション「地域と学校、行政が連携した防災体制の在り方」

避難所開設訓練では、中学生が率先して行動し、開始から5分足らずで避難者受付を開始するという素早い対応でした。中学生をはじめとした若い力は、災害時に必要とされる人材であることを改めて感じた瞬間でした。

復興防災マップの発表では、復興の様子、災害の歴史、地域学習、インタビューなど様々な視点からマップを作成していました。そのいずれもが、学校教育現場で実施され、地域の人材を活用している、地域に根ざした学習であることに感銘を受けました。

また、パネルディスカッションでは、当時の経験談や教訓を様々な方がお話して下さり、当時の様子がいかに厳しい状況であったかを感じさせるものでした。あまりに多くの教訓が山積していることから、今後の取組を注視し、私自身も教訓を他地域に伝えていけるよう絶えず勉強をしようと改めて決意しました。

文責:濵岡

DSC02836 DSC02865