◆増大するリスクと企業の危機管理戦略 「事業継続計画(BCP)」(福井県企業公社2月講座)

 

20090209_02地震災害、風水害、火災、停電、集団感染など、企業が遭遇し得る緊急事態は様々です。毎年、地震や台風・集中豪雨による自然災害が発生し、多くの中小企業が被害を受けています。

そのほか、新型インフルエンザなど、企業に大きな影響を及ぼすリスクが増えています。

新潟県中越沖地震では、株式会社リケンのピストンリングの生産中止が、トヨタをはじめとする各自動車会社の生産停止という事体を招き、企業の「事業継続性」の確保が大きな話題となりました。

このようなリスクに対し、災害などの非常事態に陥っても自社の業務を継続できるよう、「会社として何をすべきか」「どう動くべきか」を示す「事業継続計画」(BCP)の策定が進められています。

企業を取り巻くさまざまなリスクのうち、特に関心が高いと思われる「地震災害」「新型インフルエンザ」が企業に与える影響を、映像を用いて分りやすくご紹介します。 また、いかなる事態が起こった場合でも、事業を継続させるための「事業継続計画( BCP)」について、必要性・メリット・作成のポイント等を解説します。

【日 時】  平成21年2月9日(火) 13:00~
【場 所】  港のホテル (福井県坂井市三国町テクノポート2-1-33)
【標 題】  増大するリスクと企業の危機管理戦略 「事業継続計画(BCP)」
【講 師】  竹本加良子(株式会社サイエンスクラフト防災部部長)

【主な内容】
1 企業を取り巻くリスクの増加
・企業を取り巻くさまざまなリスク
・地震被害と企業への影響
・新たな脅威、新型インフルエンザ(パンデミック)
2 企業の危機管理戦略 「事業継続計画(BCP)」
・「事業継続計画(BCP)」とは
・BCPの策定のポイント

 

◆講師紹介

竹本 良子 (たけもと かよこ)   防災コンサルタント(株式会社サイエンスクラフト防災部)
【プロフィール】 自治体や企業に対し、地震・風水害・大事故災害・テロ等・新型インフルエンザなど組織を取り巻くさまざまなリスクに対応するため、組織のあり方や災害時の行動を取り決める「防災マニュアル」や、事業を継続させるための「事業継続計画」、被害を軽減・抑止するための「対策計画」などの作成支援、災害時の対応を身につける「災害図上訓練」の実施支援などを多数行う。
BCAO認定事業継続初級管理者、防災士。
【所属】 地域安全学会(会員)
特定非営利活動法人事業継続推進機構( BCAO )(会員)、 BCAO 福井(事務局)
地域と防災を考える静岡会議
特定非営利活動法人 ふくい災害ボランティアネット(法人会員)

 

投稿者プロフィール

サイエンスクラフト
◆東京事務所
TEL : 03-6272-4372 FAX : 03-6272-4373
◆東京事務所 麹町オフィス
TEL : 03-6272-4372   FAX : 03-6272-4373
◆大阪事務所
TEL : 06-6809-7135
◆名古屋事務所
TEL : 052-433-1840
◆福井事務所
TEL : 0778-21-1189 FAX : 0778-21-0676